ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.10.19 18:06
更新日: 2020.10.20 00:59

IMSA第9戦:白熱しすぎた首位争い。共倒れに乗じWTRキャデラックが逆転優勝


ル・マン/WEC | IMSA第9戦:白熱しすぎた首位争い。共倒れに乗じWTRキャデラックが逆転優勝

 
 マツダ勢は中盤まで好走をみせていた77号車が総合15位/DPiクラス7位でフィニッシュ。チームメイトの55号車は、スタート直後に左フロント足回りにダメージを負ったことで早々に戦線を離脱したものの、修理後に再出走を果たし総合8位/クラス6位でフィニッシュした。

 レース最終盤まで6台中5台がリードラップに残る接戦となったGTLMクラスでは、ポルシェGTチームの911号車ポルシェ911 RSR(ニック・タンディ/フレデリック・マコウィッキ/マット・キャンベル組)が今季初優勝をマークした。
 
 911号車ポルシェは、レース終了まで30分強のタイミングで後半戦の大部分を支配していた24号車BMW M6 GTE(BMWチームRLL)がプロトタイプカーとの接触でコースを外れ、ラジエーターダクトの清掃のためにピットに戻ったことで首位に浮上すると、そのままトップフィニッシュを迎えた。クラス2位はポールシッターの3号車コルベットC8.R(コルベット・レーシング)、24号車BMWは3位となっている。
 
 GTDクラスでは、レース終盤にトップに躍り出たスクーデリア・コルサの63号車フェラーリ488 GT3 Evo(アレッサンドロ・バルザン/クーパー・マクニール/ジェフ・ウエストパル組)が、14号車レクサスRC F GT3(エイム・バッサー・サリバン)と44号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo(GRTマグナス)を抑えて今シーズン初優勝を達成。
 
 道見真也も乗り込む86号車アキュラNSX GT3 Evo(マイヤー・シャンク・レーシング)はレース序盤から長らくトップ争いを繰り広げるも、7時間過ぎに接触による足回りのダメージで戦線を離脱し、最終的にクラス10位でフィニッシュしている。

 LMP2クラスではタワー・モータースポーツ・バイ・スターワークスの8号車オレカ07・ギブソン(ジョン・ファラノ/ミケル・イェンセン/ヨブ・バン・アウタート組)が表彰台の頂点に立ったIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の次戦第10戦ラグナ・セカは、10月31日~11月1日にウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカにて行われる予定だ。

マツダモータースポーツの77号車マツダRT24-P
マツダモータースポーツの77号車マツダRT24-P
タワー・モータースポーツ・バイ・スターワークスの8号車オレカ07・ギブソン
タワー・モータースポーツ・バイ・スターワークスの8号車オレカ07・ギブソン
ポルシェGTチームの911号車ポルシェ911 RSR
ポルシェGTチームの911号車ポルシェ911 RSR
ラジエーターダクトに詰まったグラスを取り除くBMWチームRLLのメカニックたち
ラジエーターダクトに詰まったグラスを取り除くBMWチームRLLのメカニックたち
スクーデリア・コルサの63号車フェラーリ488 GT3 Evo
スクーデリア・コルサの63号車フェラーリ488 GT3 Evo


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
安田七奈(やすだなな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング