ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.05.19 19:09

BoPの議論は「損得を超越すべき」。調整法転換で“新たなレースの入口”に【TGR村田WECチーム代表に聞く/後編】


ル・マン/WEC | BoPの議論は「損得を超越すべき」。調整法転換で“新たなレースの入口”に【TGR村田WECチーム代表に聞く/後編】

 2021年のWEC世界耐久選手権ハイパーカークラスに、ル・マン・ハイパーカー(LMH)規定の新型マシン『GR010ハイブリッド』を投入しているトヨタGAZOO Racingは5月18日、村田久武チーム代表のメディア向けリモート会見を実施した。

 2回に分けてお伝えする記事の前編では、GR010がデビューウインを飾った5月1日の開幕戦スパ・フランコルシャン6時間レースの内情を村田代表の視点から語ってもらった。後編となる今回は、取り沙汰されるBoP(性能調整)にまつわる議論に対しての、村田代表の考え方などを紹介する。


関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
月愛きらら(かぐあきらら)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング