ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.07.19 03:04
更新日: 2021.07.19 09:47

小林可夢偉組トヨタ7号車が乱戦を制し今季初優勝。8号車は再三のトラブルで脱落【WEC第3戦決勝レポート】


ル・マン/WEC | 小林可夢偉組トヨタ7号車が乱戦を制し今季初優勝。8号車は再三のトラブルで脱落【WEC第3戦決勝レポート】

 7月18日、WEC世界耐久選手権第3戦『モンツァ6時間レース』の決勝がイタリア・ミラノ郊外に位置するモンツァ・サーキット(アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ)で行なわれ、トヨタGAZOO Racingの7号車トヨタGR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が今季初優勝を飾った。

 2021年第3戦の舞台は、第2戦ポルティマオに続きWEC初開催となるイタリア・モンツァ。超高速サーキットを舞台にした戦いは、次戦に控えるル・マン24時間をも占うものとなる。

 また今回のイベントは決勝日のみ、グランドスタンドに限って観客の入場が許され、WECにとっては2020年2月のアメリカ戦以来となる有観客でのレースとなった。


本日のレースクイーン

CRAFTSPORTS GIRL
望月さとみ(もちづきさとみ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング