ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.08.01 11:52
更新日: 2021.08.01 12:35

波乱続きのスパ24時間は51号車フェラーリが首位で折り返し。4メーカーがトップ5争う


ル・マン/WEC | 波乱続きのスパ24時間は51号車フェラーリが首位で折り返し。4メーカーがトップ5争う

 8月1日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットを舞台に前日7月31日にスタートが切られた『トタルエナジーズ・スパ24時間』の決勝は、レース開始から12時間が経過。折り返しを迎えた時点ではアイアン・リンクスの51号車フェラーリ488 GT3 Evoが総合首位に立っている。

 今季のIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジ開幕戦にしてGTワールドチャレンジ・ヨーロッパのシーズンハイライトでもあるスパ24時間は、ベルギーを代表する伝統の耐久レースだ。この決勝レースの直前には車種ごとの性能差を調整するBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)が更新され、フェラーリ488 GT3 Evoが10kgの重量減、ポルシェ911 GT3 Rも5kg分のバラストを下ろすことが認められた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング