ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.08.22 11:45
更新日: 2021.08.22 12:29

トヨタ2台が同一ラップで首位を争う。アルピーヌとグリッケンハウスも接近戦/ル・マン24時間決勝12時間後


ル・マン/WEC | トヨタ2台が同一ラップで首位を争う。アルピーヌとグリッケンハウスも接近戦/ル・マン24時間決勝12時間後

 フランス・ル・マンのサルト・サーキットで8月19日16時(日本時間23時)にスタートしたWEC世界耐久選手権第4戦/第89回ル・マン24時間レースは、決勝スタートから12時間が経過し、折り返しを迎えた。

 12時間経過時点では、トヨタGAZOO RAcingの7号車GR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が総合トップを走行しているが、各クラスとも上位勢の差はわずかとなっており、接戦が展開されている。


関連のニュース

ル・マン/WEC レース結果

本日のレースクイーン


西野咲(にしのさき)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング