ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.08.22 17:45
更新日: 2021.08.22 17:46

2番手トヨタ8号車に問題発生。残り6時間、首位は7号車/ル・マン24時間 決勝18時間後


ル・マン/WEC | 2番手トヨタ8号車に問題発生。残り6時間、首位は7号車/ル・マン24時間 決勝18時間後

 フランス、ル・マンのサルト・サーキットを舞台に行われている第89回ル・マン24時間レースは現地時間8月22日(日)10時を回り、スタートから18時間が経過。フィニッシュまで残り6時間を切った段階では、TOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタGR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)が総合トップにつけている。総合2番手は同8号車トヨタGR010ハイブリッド、3番手はアルピーヌ・エルフ・マットミュートの36号車アルピーヌA480・ギブソンだ。

 現地未明4時に迎えたレースの折り返しを7号車が首位、8号車が2番手のワン・ツーで迎えたトヨタ勢。この時点で両者のタイムギャップは1分41秒だったが、スタートから12時間30分過ぎ、首位を走る小林可夢偉の7号車がインディアナポリスの左コーナー入口でフロントタイヤをロックさせオーバーシュート。あわやウォールにクラッシュする場面がみられた。


関連のニュース

ル・マン/WEC レース結果

本日のレースクイーン


西野咲(にしのさき)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング