投稿日: 2016.07.19 19:51

スーパーフォーミュラ第3戦富士 関口雄飛 レースレポート


スーパーフォーミュラ | スーパーフォーミュラ第3戦富士 関口雄飛 レースレポート

関口雄飛プレスリリース
2016年7月18日

アグレッシブなバトルで魅せた関口雄飛のレーシングスピリット!
デビュー3戦目にして得たスーパーフォーミュラ3位初表彰台。

 今年、念願の国内最高峰レース、スーパーフォーミュラに参戦が決定した関口雄飛は、今シーズンから伊藤忠エネクス株式会社様からメインスポンサードを受ける名門、『ITOCHU ENEX TEAM IMPUL』より、ゼッケン20番をまとってチャレンジしております。

 デビュー戦からファステストラップを獲得するなど、速さをアピールしてきましたが、悪天候などの不運も重なり、開幕戦、第2戦と悔しいノーポイントに終わっていました。

 そして迎えた第3戦富士。関口雄飛はいつものように前日、木曜日に現地入りして体調を整え、金曜日の練習走行に臨みました。朝から天候が崩れ気味の富士スピードウェイ。一時は激しく降った雨もやみ、このままドライかと思われましたが、フリー走行がスタートする頃には再び雨です。

 ウエット路面を得意とする関口雄飛は終始、トップタイムをマークしていましたが、終盤、次第にコンディションが良くなると、ライバルたちに比べてタイムが上昇せず、総合14番手で金曜日の占有走行を終えました。土曜日の天気予報は曇りでしたので、このままでは厳しい戦いが予想されます。エンジニアと遅くまで真剣にミーティングをし、マシンの不安点を洗い出す作業を続けました。

 土曜日までにチームは走行データを解析し、セットアップを大幅に変更して朝のフリー走行を迎えました。天気予報は外れ、路面は再びウエットです。相変わらず雨の難しいコンディションでの関口雄飛は、まるで水を得た魚のようにトップタイムを連発し、ライバルたちにプレッシャーをかけました。

 セッション終盤、雨が止み、路面が乾いてくるとライバルたちが即座にタイムアップしてきましたが、関口のマシンもセットアップの変更が功を奏し、最終的に4番手タイムをマークしてチェッカーを受けました。


関連のニュース

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング