投稿日: 2016.08.22 14:18
更新日: 2016.08.22 14:23

TOYOTA GAZOO Racing スーパーフォーミュラ第4戦もてぎ レースレポート


スーパーフォーミュラ | TOYOTA GAZOO Racing スーパーフォーミュラ第4戦もてぎ レースレポート

2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦 もてぎ
関口が独走のポール・トゥ・ウィンでデビュー4戦目の初優勝!
ロッテラー2位、石浦3位で続きトヨタエンジンはトップ5独占

関口雄飛がポールトゥウィンで初優勝、トヨタエンジンが表彰台を独占

 ツインリンクもてぎでスーパーフォーミュラ第4戦が行われ、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がデビュー4戦目にしてポール・トゥ・ウィンで初優勝。アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)、石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)が2、3位表彰台を獲得。トヨタエンジンはトップ5を占める速さを見せた。

 スーパーフォーミュラの第4戦が8月20日(土)、21日(日)の両日、栃木県のツインリンクもてぎで行われた。

 全7戦で戦われる2016年シーズンのスーパーフォーミュラも、折り返しの4戦目を迎えた。この第4戦では、後半戦へ向けた新スペックエンジンを投入。加えて、今大会は新たな試みとして通常1スペックのタイヤで争われてきたスーパーフォーミュラで、1段階柔らかいソフトタイヤが追加導入された。決勝レースではこの新しいソフトタイヤと、従来のミディアムタイヤの両方の使用が義務づけられ、戦略的にも興味深いレースとなった。

 8月後半ということで、シリーズでもっとも暑いコンディションとなり、タイヤやエンジン、ブレーキ、そしてドライバー自身にも大きな負担を強いる酷暑のレースで、後半戦へ向けて誰が抜け出すか、注目の戦いが展開された。


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング