レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

投稿日: 2015.08.28 17:53
更新日: 2016.09.14 18:00

TEAM無限、SF第4戦もてぎで山本が8位入賞

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


スーパーフォーミュラ | TEAM無限、SF第4戦もてぎで山本が8位入賞

■公式予選
#16 山本(Q1:12位 1分33秒858 Q2:7位 1分33秒260 Q3:8位 1分33秒700)

 3回のセッションにわたるノックアウト方式の公式予選は午後1時15分から始まった。コンディションは午前中同様、ドライコンディション。上空の雲は徐々に薄<なり時折日差しが照りつける。  #16山本は、20分間のQ1に最後尾近くからコースイン、4周目に1分34秒826を記録するとピットヘ一旦帰還した。セッション残り7分を切って、ニュータイヤを履いた#16山本はコースイン、タイムアタックに入った。セッション開始から8周目、1分33秒858を記録、この段階でトップに立った。しかしその後、コースコンディションの好転を待ってタイムアタックを遅らせていたライバル車がこれを上回るタイムを記録、#16山本の順位は低下したが、12番手でQ1を通過、Q2へ進むことになった。  マシンの状態はまだ納得のいくレベルにはなく、#16山本のインプレッションを元にチームはセッティングを微調整し、午後1時45分から7分間のQ2セッションに送り出した。#16山本はコースイン後、1周にわたってタイヤをウォームアップするとタイムアタックに入り、1分33秒260を記録してその時点で6番手につけた。その後順位をひとつ落としたが7番手でQ2を突破、Q3進出を決めた。トップから僅か0.197秒の遅れであった。  セッティングの方向性に手応えを感じたチームは、さらにセッティングを微調整し、午後2時2分から7分間にわたって行われるQ3に備えた。#16山本は1周タイヤをウォームアップ、タイムアタックに入ったが第1コーナーで突っ込みすぎたためアタックを中断、次の周にあらためてアタックし1分33秒700を記録した。しかしタイヤ性能のピークは過ぎており、順位は8番手に終わった。


関連のニュース