投稿日: 2019.07.16 11:54
更新日: 2019.07.16 22:24

UOMO SUNOCO TEAM LEMANS 2019スーパーフォーミュラ第4戦富士 レースレポート


スーパーフォーミュラ | UOMO SUNOCO TEAM LEMANS 2019スーパーフォーミュラ第4戦富士 レースレポート

開催日時
7月13日 土曜(予選)
7月14日 日曜(決勝)

開催サーキット
富士スピードウェイ(1周 4.563km)

■予選

天気:曇り/雨
コース状況:ウエット
気温:22度(予選Q1開始時)
路面温度:24度(予選Q1開始時)
予選開始:14時45分

 早いもので、2019年全日本スーパフォーミュラ選手権はシーズン折り返しポイントにあたる1戦を迎えた。

 全7戦中の第4戦は富士スピードウェイでのラウンド。世界でも有数の長さのホームストレート有する富士では、スーパーフォーミュラはドライなら最高速300km/h近傍での迫力満点の戦いをそこで展開することになる。

 今季序盤、UOMO SUNOCO TEAM LEMANSは第2戦オートポリスで大嶋和也が3位表彰台を獲得する活躍を見せるなど、上昇基調にあった。しか前戦の第3戦SUGOでは、その大嶋が一転して僚友アーテム・マルケロフともども苦闘を強いられることに。

 高度接戦が常のスーパーフォーミュラならではの難しさに直面した格好だが、チーム本拠地からも近い“地元”の富士で巻き返したいところである。不安定な天候の週末、土曜日は午後になって小雨が降りだし、予選はウエットタイヤでの戦いとなった。

大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)
大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)

#7 アーテム・マルケロフ
予選結果:17位(予選Q1ベストタイム:1分38秒261)

 14時45分に予定通り予選Q1がスタートしたが、他チームのマシンがストップし、すぐに赤旗中断となる。そして15時から当初予定の20分枠で仕切り直しという格好に。スーパフォーミュラでは新人のマルケロフにとって難しさ増すウエットコンディションでの予選だった。1分38秒261は17位、Q2への進出は叶わなかった。

#8 大嶋和也
予選結果:7位(予選Q3ベストタイム:1分40秒832)

 予選中の路面コンディションは、タイム的に見て、Q1、Q2、Q3と進んでいくうちに徐々に悪化してったようである。そのなか大嶋はまずQ1で1分37秒967をマーク、11位でここを突破する。続くQ2では、最後に1分38秒882のアタックを決めて8位、見事最終Q3進出を果たした。ポールポジション争いも期待される展開になったが、トップ8が競うQ3では1分40秒832、予選7位という結果にとどまる。とはいえ、決勝レースで上位入賞~表彰台が狙える好位置からのスタート権を確保できた。


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats
藤宮あかり(ふじみやあかり)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング