投稿日: 2019.09.30 18:06

ホンダ 2019スーパーフォーミュラ第6戦岡山 レースレポート


スーパーフォーミュラ | ホンダ 2019スーパーフォーミュラ第6戦岡山 レースレポート

2019.09.29(日)
第6戦 岡山国際サーキット 決勝

ハリソン・ニューウェイが3位でSF初表彰台&初ポイントゲット!

 9月28日(土)~29日(日)、岡山国際サーキット(岡山県)で2019年度全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第6戦が開催されました。週末は天候が崩れるという予報が出ていましたが、28日は雲の間から太陽が顔を出し、ドライコンディションでノックアウト予選が行われました。

 今回のQ1では、コース上の混雑が考慮され、抽選でA組、B組の2グループに分けたうえ10分ずつ計測を行い、各グループ上位6人ずつがQ2へ進出するという特別規則が適用されました。

 A組では#51ハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)が2番手、#64アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が4番手、#15パトリシオ・オワード(TEAM MUGEN)が6番手、B組では#5福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が2番手、#65牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)が6番手でQ1を突破し、Q2へ進みました。

予選ではホンダ勢最上位5番手の#5福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING
予選ではホンダ勢最上位5番手の#5福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING

 12台から8台に絞り込まれるQ2では全車ソフトタイヤを装着してアタックにかかり、4番手に#5福住、6番手に#65牧野、8番手に#64パロウがつけてQ3へ進出。Q3セッションの結果、スターティンググリッドは、#5福住が5番手、#65牧野が7番手、#64パロウが8番手となりました。

 29日は、一時的な降雨も予想されてはいたものの薄曇りのまま、ドライコンディションで決勝スタートを迎えました。今回は特別規則でスタートから10周の間に行われたピット作業は、タイヤ交換義務の回数には数えないこととなり、各チームが新たな戦略でレースに臨むこととなりました。

 5番手スタートの#5福住はソフトタイヤ、7番手、8番手スタートの#65牧野、#64パロウはミディアムタイヤでスタートしました。

 ソフトタイヤでスタートした#5福住は、スタート加速で前方のマシンをすり抜け3番手に躍り出ると、ハイペースで走り、5周目には2番手に進出しましたが、8周目のアトウッドカーブでコースオフ、レースから脱落してしまいました。

 これによりセーフティカーがコースイン、隊列走行が始まりました。この間に特別規則で定められた10周が経過したため、ピットインしてタイヤ交換をする選手が続出しました。65牧野もこのタイミングでピットを済ませましたが、その直後にタイヤがパンク状態となり、順位を大きく落としました。

今回から導入されたタイヤに関する特別規則でさまざまな思惑と戦略が交錯するなかスタートが切られた2019スーパーフォーミュラ第6戦岡山
今回から導入されたタイヤに関する特別規則でさまざまな思惑と戦略が交錯するなかスタートが切られた2019スーパーフォーミュラ第6戦岡山


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング