スーパーGT ニュース

投稿日: 2021.03.22 18:41
更新日: 2021.03.22 18:42

グループAで繰り広げられたシビックvsカローラ対決。爆音ディビジョン3のエンジンチューニング


スーパーGT | グループAで繰り広げられたシビックvsカローラ対決。爆音ディビジョン3のエンジンチューニング

 ノーマル然とした……というより外観についてはノーマルの維持がレギュレーションで決められており、当時を知らないファンにとってN1とあまり変わらないのではないかと思われても仕方がない。しかしグループA(全日本ツーリングカー選手権)のディビジョン3においては激しい開発競争が繰り広げられていた。ディビジョン3と限定するのには理由がある。

 1990年以降、1993年までのグループAの後半期、日本国内においてディビジョン1はスカイラインGT-Rによるワンメイク化が進み、ニスモが開発をコントロールしていた。ディビジョン2はBMW M3の実質ワンメイク。マシンの完成度も高く、参戦はプライベートチーム主体で開発の余地は少なかった。だが、排気量1600cc以下NAのディビジョン3だけはトヨタvsホンダの戦いが続いたのだ。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
亀澤杏奈(かめざわあんな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング