F1ニュース

2016.06.20

アロンソ「トラブルも辛いが、一番の問題はペースのなさ」:マクラーレン・ホンダ ヨーロッパ日曜


F1 | アロンソ「トラブルも辛いが、一番の問題はペースのなさ」:マクラーレン・ホンダ ヨーロッパ日曜

 2016年F1ヨーロッパGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはギヤボックスのトラブルのためリタイアした。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=リタイア
 難しいレースになることは分かっていた。チェッカーフラッグを受けることができないと、より一層辛い。
 
 ギヤボックスの問題がどんどん悪化していったので、ダメージがパワーユニットや何か他のものにおよぶのを防ぐためにリタイアすることを決めた。残念だが、ポイント圏外を走行中だったことで、リタイアの辛さが少し和らぐ。
 
 今、僕らチームにとって何より重要なのは、予選でも決勝でも、もう少しペースを見つけることだ。 


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング