F1 ニュース

投稿日: 2016.04.25 16:06

レッドブル代表、なかなか決まらないパワーユニット問題についてメルセデスを批判


F1 | レッドブル代表、なかなか決まらないパワーユニット問題についてメルセデスを批判

 レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーによると、F1のエンジンマニュファクチャラー4社は、いまだに将来のレギュレーションの枠組みを決められていないという。

 メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの4社は、価格引き下げ、供給の保証、サウンドレベル、性能の均衡化について、4月末までに最終的なプランをFIAに提出することになっている。だがホーナーは、この期限は守られないだろうと考えている。

 ホーナーは、とくにメルセデスのトト・ウォルフを名指しで批判した。ウォルフは、このプランを策定するエンジンマニュファクチャラー委員会のリーダーを務めているからだ。

「課せられたタスクに関して、要求された条件をひとつも達成できそうにないことが、彼(ウォルフ)にはわかっている」と、ホーナーは言う。

「話し合いが行き詰まり、期日(4月30日)が過ぎるまで時間稼ぎをしている雰囲気が濃厚だ。マニュファクチャラーが見返りとして求めているのは、向こう5年間はエンジンのレギュレーションを変えないという約束だが、条件が満たされない限り、商業権保有者(バーニー・エクレストン)やFIAはエンジン規定の安定性を保証しないだろう」

「彼らが合意できないのであれば、つまり供給価格が下がらず、性能も均衡化せず、供給が保証されないのであれば、条件が満たされたことにはならない」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング