F1 ニュース

投稿日: 2016.04.25 17:47
更新日: 2016.04.25 17:48

幻のF1マシン「ロータス88」を、ゲイリー・アンダーソンが評価


F1 | 幻のF1マシン「ロータス88」を、ゲイリー・アンダーソンが評価

 モーターファンフェスタに登場した「ロータス88B」は1981年F1世界選手権に参戦するべく、チーム・ロータスのコリン・チャップマンがデザインしたマシン。ツインシャシー構造を持ち、そのアイデアがレギュレーション違反と判断されたため実戦を走ることができず、幻のF1マシンと言われる1台だ。

 英AUTOSPORTで技術記事を執筆している、かつてジョーダンやジャガーF1チームでテクニカルディレクターを務めたゲイリー・アンダーソンは「ロータス88」を、どう見ているのか聞いた。

 もし、ツインシャシーが合法と認められ、十分な時間と予算をかけて開発すれば、期待どおりの性能を発揮したのだろうか……?

「あのクルマの開発には相当なコストがかかったに違いない。それ以前の問題として、恐ろしく複雑で厄介な仕事になっただろう。

 ツインシャシーのアイデアは、スライディングスカートの禁止に対応すべく考え出されたものだ。私の記憶によれば、スライディングスカートから、スライドしないフレキシブルスカートになったことで、ほとんどのチームではアンダーフロアで発生するダウンフォースを40%ほど失った。これは誰にとってもハッピーなことではなく、全チームそれぞれの方法で失われたぶんの少なくとも一部を取り戻そうとした。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング