F1 ニュース

投稿日: 2016.05.02 14:31
更新日: 2016.05.02 14:32

「一部のチームがグレーエリアを利用」とピレリ、タイヤ空気圧監視の厳格化を求める


F1 | 「一部のチームがグレーエリアを利用」とピレリ、タイヤ空気圧監視の厳格化を求める

 ピレリがタイヤデータのリアルタイムモニタリングを要求している。チームが「グレーエリア」を利用して、スタート時の最低空気圧制限を回避しないように監視するためだ。

 近年、特に2015年ベルギーGPでセバスチャン・ベッテルのフェラーリのリアタイヤがバーストして以来、タイヤの空気圧はしばしば議論を呼ぶ問題になってきた。 

 クルマが速くなるにつれて、ピレリは高めの最低空気圧を指定するようになり、一部のドライバーからは、空気圧が高すぎてパフォーマンスに悪影響を及ぼすとの不満の声が上がっている。先日の中国GPでも、ロマン・グロージャンがピレリの指定空気圧の高さは「バカげている」と酷評した。

 いっぽうピレリは、一部のチームがフォーメーションラップ前の空気圧チェックから実際のスタートまでの間に、タイヤの空気圧を下げる方法を見つけたのではないかという疑いを持っているようだ。

 ピレリのポール・ヘンベリーは、チェック時と走行中の空気圧に違いがないように、空気圧データをリアルタイムで提供すべきだと述べた。
「私たちの指定空気圧は、手元の情報に基いて実際のレーススタート時の空気圧として決めているものだが、これを最後にチェックできるのはフォーメーションラップが始まる前だ。しかし、大部分のチームのスタート時の実際の空気圧は、昨年と比べてそれほど上がっていない。もっと大幅に上がっていると考えられるのに、現実にはそうなっていないんだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング