F1 ニュース

投稿日: 2016.05.02 16:28

F1“影の支配者”は「ハロもエアロスクリーンも不要」と発言


F1 | F1“影の支配者”は「ハロもエアロスクリーンも不要」と発言

 バーニー・エクレストンは、コクピット保護システムの候補となっているハロおよびエアロスクリーンは、どちらも気に入っておらず、このようなデバイスはF1に不要であると発言した。 

 コクピット保護システムは2017年から導入される見通しとなっており、どのシステムを採用するかを決定する期日が7月1日に設定された。フェラーリはプレシーズンテストでハロを試し、レッドブルはロシアGPの金曜フリー走行でエアロスクリーンを試験的に搭載。エアロスクリーンは今後スペインやモナコで、さらなるテストが行われる予定となっている。

 エアロスクリーンについての意見を求められたエクレストンは、「スクリーンが汚れるたびに掃除をすることになるので、多くのピットストップが見られるようになるだろう。良いことだ」と冗談めかして答えた。ハロとエアロスクリーンのデザイン面については「どちらも好きになれない」とエクレストン。F1のコクピット保護システムはどうあるべきかと聞かれると「何もいらない」と述べた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
荒井つかさ(あらいつかさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング