F1ニュース

2017.06.28

ホンダF1、スペック3エンジンに“0.2~0.3秒以上”の向上を確認。「なんとしても次戦で2台に搭載を」


 ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、F1アゼルバイジャンGP金曜に行ったアップグレード版“スペック3”エンジン(ICE)のテストで好感触を得たと語った。時間がないなか、次戦オーストリアではフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンの2台にこれを搭載すべく、製造を急ぐという。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています