F1 ニュース

投稿日: 2016.05.28 17:33

レッドブル、ルノーとのパワーユニット契約延長に向けた交渉が最終段階へ


F1 | レッドブル、ルノーとのパワーユニット契約延長に向けた交渉が最終段階へ

 レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ルノーとの2017年のF1パワーユニット供給契約を「形式的に」交わすことを公表した。 

 レッドブルは現在、今シーズン末までとなっていた『タグ・ホイヤー(TAG Heuer)』の名前がついたルノー製パワーユニットの供給契約の再交渉を行っている。

 とはいえ、すでに今月初旬、ルノーはFIAに対して2017年もレッドブルへのエンジン供給を行うという趣旨の書簡を送っていた。

 ホーナーによれば、関係が悪化した時期から約9カ月が経過した現在、レッドブルはルノーと継続した関係を築くことを望んでいるという。

「我々とルノーの関係は良好だ。間もなく形式的なかたちで契約の延長をお伝えすることができるだろう」と、ホーナー。

 エンジン名はルノーではなく、あくまでタグ・ホイヤーとして新たな契約が結ばれるという。

「問題なく交渉は進んでいるよ」

「ルノーは、ルノーチームとしてのアイデンティティを持っている。そして彼らはタグ・ホイヤーのアイデンティティが宿ったパワーユニットを提供することを歓迎している」

「タグ・ホイヤーにとってもレッドブルにとっても幸せなことだよ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング