F1 ニュース

投稿日: 2016.07.20 07:17
更新日: 2016.07.23 06:33

ホンダ「アロンソのタイムが進歩の証」と手応え。次回アップデート計画明かす


F1 | ホンダ「アロンソのタイムが進歩の証」と手応え。次回アップデート計画明かす

 マクラーレンのパートナーであるホンダF1は、パワーユニットの次回アップデートを4、5戦後に行う計画であることが分かった。

 開幕後、ホンダはトークンを使用したアップデートを2回行った。カナダGPに向けて2トークンを使用してターボチャージャーを、イギリスGPに向けて2トークンでICE(エンジン)をそれぞれ改善、今年使用できるトークンがまだ10残っている。

 ホンダF1プロジェクト総責任者、長谷川祐介氏は、今もICEに重点を置いて開発を進めており、いい結果を生んでいるものもあるが、アップグレードを急ぐつもりはないという。

「現在もエンジン、つまりICEのエリアを改善するために努力しています」と長谷川総責任者。

「データではいい結果が出ているので、準備を整える必要があります」

「今後2、3戦ではなく、4戦か5戦のうちに導入することを目指しています」

 ホンダは残り10トークンを「理想的な形で」段階的に使っていく計画だということだ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

GREEN TECエボリューションギャルズ
桐嶋しずく(きりしましずく)

F1 Photo Ranking

フォトランキング