F1 ニュース

投稿日: 2016.07.16 14:49

ホンダ甘口/辛口ダブル評価 オーストリア&イギリスGP編


F1 | ホンダ甘口/辛口ダブル評価 オーストリア&イギリスGP編

「サインツJrのトロロッソと、ウイリアムズの2台、そしてフォース・インディア勢と戦って実力でQ3へ行けるスピードを確認することができたのは良かった」

 ホンダの長谷川祐介総責任者は、イギリスGPの予選をそのように評価した。F1のエンジニアたちは、マシンそのもののポテンシャルを推し量る手段として、予選のパフォーマンスを重視する。レースではマシンそのもののポテンシャルを100%出すことより、前後を走るマシンのペースを見て、最終的にいかに早くフィニッシュするかというピットストップ戦略の駆け引きが大切になってくる。その点、1周のアタックタイムによって順位が決まる予選は、ライバルたちとの相対的な関係が鮮明となる。

 その予選で、ホンダは第5戦スペインGPから第10戦イギリスGPまでの5戦で4度トップ10以内に入り、Q3へ進出している。第5戦スペインGP、第6戦モナコGP、第7戦カナダGPではアロンソがともに10位。第8戦ヨーロッパGPでQ3進出を逃したものの、第9戦オーストリアGPではジェンソン・バトンが雨がらみとはいえ、マクラーレン・ホンダとして予選最高位となる5位を獲得。そして、第10戦イギリスGPではフェルナンド・アロンソが10位に入った。


関連のニュース

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング