F1 ニュース

投稿日: 2016.07.26 07:00
更新日: 2016.07.26 10:51

トップ3チームの先行テストに異議あり「タイヤ選択に明らかなアドバンテージ」


F1 | トップ3チームの先行テストに異議あり「タイヤ選択に明らかなアドバンテージ」

 ウイリアムズのテクニカルディレクター、パット・シモンズは、2017年F1シーズン序盤のタイヤ選択について、メルセデス、レッドブル、フェラーリがアドバンテージを得ないためには中止するべきだと主張している。 

 8月1日からのタイヤテストでは、メルセデス、フェラーリ、レッドブルが、モディファイされた2015年マシンと、ピレリが開発している2017年用タイヤを使用予定だが、ウイリアムズは、この3チームがアドバンテージを得ると考えている。

 そのため来シーズンのタイヤ選択に関しては、ドライバーに割り当てられるコンパウンドのセット数は均一にされるべき、というのがシモンズの意見だ。

「我々は問題を抱えている。みんなが思っている以上に深刻なことだ。今季は5つのコンパウンドのなかから3つを選べることになり、レース展開に良いスパイスをもたらし、戦略に少しは意外性が生まれている。しかし来季は、そうはいかないだろう」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

KeePer Angels
小嶋みやび(こじまみやび)

F1 Photo Ranking

フォトランキング