F1 ニュース

投稿日: 2020.09.30 07:12
更新日: 2020.09.30 07:15

レッドブルF1代表、アルボンの苦戦を説明「彼が悩むマシン特性がソチのコースレイアウトによって顕著になった」


F1 | レッドブルF1代表、アルボンの苦戦を説明「彼が悩むマシン特性がソチのコースレイアウトによって顕著になった」

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1第10戦ロシアGPでアレクサンダー・アルボンが苦しんだ主な理由は、2020年型RB16の一部の特性がソチ・オートドロームにおいて際立ったことであると考えている。マックス・フェルスタッペンは2位を獲得したものの、アルボンは10位にとどまった。

 予選でフェルスタッペンは2番手、アルボンは10番手で、タイム差は1.141秒におよんだ。アルボンはギヤボックス交換ペナルティによる降格で15番グリッドからスタート、ハードタイヤで走った前半に特に苦労し、決勝結果は10位となった。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム