F1 ニュース

投稿日: 2020.11.14 10:26
更新日: 2020.11.14 10:27

レッドブル・ホンダ分析:難コンディションで最速タイム。今季初ポールに向け、読めない路面状況と空模様が壁に


F1 | レッドブル・ホンダ分析:難コンディションで最速タイム。今季初ポールに向け、読めない路面状況と空模様が壁に

 2011年以来、9年ぶりに復活したトルコGPは、グランプリ直前に施行された再舗装工事によって、9年前とはまったく異なるグリップ力で週末がスタートした。

 3週間前に行われたポルトガルGPも、今年路面を再舗装したなかで行われ、初日はどのドライバーも滑りやすい路面に苦しめられていた。しかし、トルコGPの舞台であるイスタンブール・パーク・サーキットがそれ以上に滑りやすかったことは、初日のラップタイムを見るとわかる。

 ポルトガルGPのフリー走行1回目と2回目のトップタイムの差はコンマ5秒程度だったが、今回のトルコGPではフリー走行1回目から2回目にかけて、なんと6秒以上速くなっている。つまり、それだけ走り始めの路面のグリップ力は低かったわけである。


関連のニュース

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん(あのん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング