F1 ニュース

投稿日: 2020.11.18 08:07
更新日: 2020.11.18 08:12

フェルスタッペン苦戦の要因はウイングの調整ミスと判明「あの状態ではドライバーは何もできない」/F1トルコGP


F1 | フェルスタッペン苦戦の要因はウイングの調整ミスと判明「あの状態ではドライバーは何もできない」/F1トルコGP

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2020年F1第14戦トルコGP決勝中、フロントウイングの調整が誤っていたことで、本来のパフォーマンスを発揮することができなかったと語った。

 2番グリッドのフェルスタッペンは、スタートでポジションを落としたものの、1回目のピットストップ後、3番手に浮上、2番手を走るセルジオ・ペレス(レーシングポイント)の背後に迫った。しかしスピンを喫して緊急ピットイン、その後は再びスピンをするなど精彩を欠き、上位に浮上することなく、6位でフィニッシュした。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん(あのん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング