F1 ニュース

投稿日: 2020.11.21 10:20
更新日: 2020.11.21 10:22

1997年F1王者ビルヌーブ、ストロールへの酷評を撤回「難コンディションに強い。実力によるポールポジション」


F1 | 1997年F1王者ビルヌーブ、ストロールへの酷評を撤回「難コンディションに強い。実力によるポールポジション」

 1997年のF1世界チャンピオンであるジャック・ビルヌーブは、かつてランス・ストロールを「F1史上最低のルーキー」と評するなど、何度か批判的な発言をしてきたが、2020年F1第14戦トルコGPにおけるストロールのパフォーマンスについては絶賛した。

 レーシングポイントのストロールは、イスタンブール・パークでの予選で、不安定なコンディションのなか熟練された完璧なドライビングを見せて、ライバルたちに圧勝、自身初のF1ポールポジションを獲得した。カナダ人ドライバーがF1でポールシッターとなるのは、1997年のヘレスで行われたヨーロッパGPでビルヌーブが達成して以来のことだった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
小林唯叶(こばやしゆいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング