F1 ニュース

投稿日: 2021.03.08 08:59
更新日: 2021.03.08 09:03

世界反ドーピング機関、ハースF1のロシアカラーリングの可否について調査


F1 | 世界反ドーピング機関、ハースF1のロシアカラーリングの可否について調査

 2021年型ハースF1マシン『VF-21』のカラーリングがロシア国旗を連想させるものであることについて、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)が調査を行っていることが明らかになった。

 ハースは3月4日、世界最大級のカリ肥料の製造および輸出業者であるロシアのウラルカリ社とタイトルパートナー契約を結んだことを発表、チーム名は『ウラルカリ・ハースF1チーム』に変更された。ウラルカリ社の共同オーナーであるドミトリー・マゼピンは、ハースに今年レギュラードライバーとして加入したニキータ・マゼピンの父親だ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム