F1 ニュース

投稿日: 2021.03.30 14:46
更新日: 2021.03.30 16:46

ニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデスとアストンマーティンでリザーブドライバーを務めると明かす


F1 | ニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデスとアストンマーティンでリザーブドライバーを務めると明かす

 ニコ・ヒュルケンベルグは、現在行っているオーストリアのテレビ局におけるF1メディアの仕事と並行して、アストンマーティンとメルセデスの2チームでリザーブドライバーを務めることを認めた。

「僕は一部のレースでアストンマーティンとメルセデスのリザーブドライバーを務めることになる」とヒュルケンベルグは金曜日に『ServusTV』に語った。

 両チームは、2021年シーズンにレギュラードライバーのひとりが病気になった場合に備え、経験豊富なドライバーを必要としている。ルイス・ハミルトン(メルセデス)は昨年、新型コロナウイルスの検査で陽性となったために第16戦サクヒールGPを欠場せざるを得ず、ウイリアムズのジョージ・ラッセルが代役を務めた。ヒュルケンベルグ自身も同様の理由で、レーシングポイントのセルジオ・ペレス(第4戦、第5戦)とランス・ストロール(第11戦)の代役を務め、“スーパーサブ”の評判を得た。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

TWSプリンセス
涼野はるか(すずのはるか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング