F1 ニュース

投稿日: 2016.04.01 07:43
更新日: 2016.04.01 08:25

アロンソ記者会見「帰って休め?絶対いやだよ!」週末は残ってバンドーンをサポート


F1 | アロンソ記者会見「帰って休め?絶対いやだよ!」週末は残ってバンドーンをサポート

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、オーストラリアGPでの大クラッシュの影響で肋骨を骨折し、気胸が起きたため、FIAからバーレーンGPへの出場許可が下りなかった。しかし週末はバーレーンにとどまり、代役を務めるストフェル・バンドーンを含むチーム全体のサポートに徹したいと述べている。

 木曜記者会見に出席したアロンソは、オーストラリア後の体調の変化について次のように説明した。
「(決勝の)日曜は問題なかった。膝は痛んだが大したことはなかったんだ。医師たちから帰っていいと言われ、何も問題がなかった。でも月曜、全体的に小さな痛みを感じた。ただ深刻なものではなかった。スペインに到着した時も痛みはあり、少しだけ強くなってきていたようなので、検査を受けることにした。CTスキャンだ。軽い気胸(注:肺から空気がもれて、胸腔にたまり、肺が空気に押されて小さくなった状態)が起きているのが分かった」

「医師からは自宅で静養し回復に努めるよう言われ、再度月曜にCTスキャンを受けた。気胸はほぼなくなっていたが、肋骨が骨折していた。そのため、走ることにはリスクがある。F1は独特なスポーツだ。マシンに独特な態勢で乗るし、Gがかかることでダメージが肺にも及ぶ可能性がある。足や腕を骨折した場合は痛みに対処できるが、臓器がある胸の中の問題なので、対処することができない」

 骨折はGによるものかシートの破損によるものかという問いに対しては「アクシデントのGによるものだ。衝撃が原因だ」とアロンソは答えている。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング