F1 ニュース

投稿日: 2021.04.13 11:32
更新日: 2021.04.13 11:36

マクラーレンF1ボス、マシン模倣問題再発を防ぐFIAの監視能力に期待


F1 | マクラーレンF1ボス、マシン模倣問題再発を防ぐFIAの監視能力に期待

 マクラーレン・レーシングのチーフエグゼクティブであるザク・ブラウンは、FIAがF1マシン模倣防止規則に基づき、厳格な取り締まりを実施していくことへの期待を示した。

 2020年、レーシングポイント(現アストンマーティン)のマシンRP20にメルセデスの2019年型マシンとの類似点があったことが物議を醸した。調査の結果、レーシングポイントのリヤブレーキダクトのデザインにおいて競技規則上の違反があったとして、同チームにポイント剥奪と罰金のペナルティが科された。一方で、ブレーキダクト自体は違法なものではないため、失格にはならなかった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2021
霧島聖子(きりしませいこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング