F1 ニュース

投稿日: 2021.06.06 13:28
更新日: 2021.06.06 13:37

レッドブル・ホンダ密着:ポールを狙える確信を持って臨んだ予選。思わぬクラッシュやフェラーリの存在が脅威に


F1 | レッドブル・ホンダ密着:ポールを狙える確信を持って臨んだ予選。思わぬクラッシュやフェラーリの存在が脅威に

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPの土曜日は、レッドブル・ホンダにとっては、予想外の出来事が続いた1日だったのではないだろうか。

 最初の想定外の出来事は、フリー走行3回目でのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のクラッシュだった。

 ハードタイヤで自己ベストを更新しながら走行中、ターン15のブレーキングで止まりきれずに、コーナー出口の衝撃吸収材のテックプロバリアにクラッシュ。フロントサスにダメージを負って動けなくなったフェルスタッペンは、その場でマシンを降り、セッションは赤旗中断となった。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
月愛きらら(かぐあきらら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング