F1 ニュース

投稿日: 2017.01.16 17:35
更新日: 2017.01.16 15:50

ルノーF1がパワーユニットを一新。インフィニティの協力の下、ERSの第2世代を導入


F1 | ルノーF1がパワーユニットを一新。インフィニティの協力の下、ERSの第2世代を導入

 ルノーF1は2017年に向けてパワーユニットを徹底的に見直し、第2世代のエネルギーリカバリーシステム(ERS)を導入することを決めた。昨年インフィニティと技術提携したことで開発ペースが向上したという。

 2014年から3年にわたって使用してきたパワーユニットからはすでに限界までポテンシャルを引き出し、開発の余地がなくなったと判断したルノーは、2017年に向けて完全にデザインし直すことを決めた。

 合同テストスタートを6週間後にひかえ、マネジングディレクターのシリル・アビテブールは、今シーズン、ルノーはパワーユニットをさらに大きく改善させたいと語った。

「今年は確実にエンジンの状況を好転させたい」とアビテブール。

「去年は非常に素晴らしい年だった。それを確認する必要がある」

「内燃エンジンに全く新しい構造を取り入れるつもりだ。さらに、エネルギーリカバリーシステムの第2世代を初めて導入する」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング