コラム ニュース

2016.05.25

高校生ドライバー佐藤万璃音イタリア挑戦記 第4回「イタリアFIA-F4マシンの印象は……。」


コラム | 高校生ドライバー佐藤万璃音イタリア挑戦記 第4回「イタリアFIA-F4マシンの印象は……。」

 日本の高校生ドライバー、佐藤万璃音が参戦するイタリアFIA-F4は、いったいどんなマシンで争われているのか、2シーズン目を戦う佐藤万璃音がその印象を語った。

「自動車レースに詳しくない方にはスマートフォンで写真を見せて、“こういうクルマで競争しています”と伝えますが、ここではもう少し詳しく説明しましょう」

立ち上がりをより重視する走らせ方

「シャシーはタトゥースというイタリアのレーシングカー・コンストラクターのワンメイクで、モンツァ郊外に本拠地を構える会社です。ジュニア・フォーミュラが得意分野で、現在はフォーミュラ・ルノーやドイツ、イタリアのFIA-F4、過去には日本のフォーミュラチャレンジ・ジャパンにも供給していました」

「エンジンはアバルトのワンメイクで、直列4気筒1.4リッター・シングルターボです。公称200馬力にも満たないパワーユニットですが、約600kgと軽量のフォーミュラカーなので十分です。日本のFIA-F4のエンジンは直列4気筒2.0リッター自然吸気と異なりますが、最大出力は同じくらいと聞いています」
高校生ドライバー佐藤万璃音イタリア挑戦記 第4回「イタリアFIA-F4マシンの印象は……。」
「緩やかながらもターボが効き始めるまでの時間差を見込み、自然吸気のエンジンよりは早めにアクセルを大きく開けてスピードを乗せるようにと、チームのトラック・エンジニアからはアドバイスされました。つまりコーナリングでは突っ込みだけでなく立ち上がりをより重視する必要があり、早めにクルマの姿勢を直進状態に整えてフルスロットルに備えなくてはいけません」


コラム News Ranking

本日のレースクイーン

2019 B-Max Racing Lady
月中秋実(つきなかあきみ)

コラム Photo Ranking

フォトランキング