ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2021.06.25 17:33
更新日: 2021.06.25 17:35

“ジョーカー”からレギュラーへ。58歳のユタ・クラインシュミット、エクストリームE参戦決定


ラリー/WRC | “ジョーカー”からレギュラーへ。58歳のユタ・クラインシュミット、エクストリームE参戦決定

 2021年に初年度開催を迎えた電動ワンメイクSUVによるオフロード選手権『Extreme E(エクストリームE)』シリーズで、レースコースの設計にも貢献しつつ、欠員が出た際にリザーブとして代役参戦するという“Joker Drivers(ジョーカー・ドライバー)”の役割を担っていたユタ・クラインシュミットが、アプト・クプラXEに正式加入することが発表された。

 史上唯一の女性ダカールラリー総合優勝経験者で、現在58歳の“砂漠の女王”は、これにより第3戦『Arctic X Prix』よりマティアス・エクストロームと強力なペアを結成し、最大出力400kW(約544PS)を発生するフルエレクトリックSUV『e-CUPRA ABT XE1』をドライブすることとなった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング