ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.11.16 12:30
更新日: 2020.11.16 13:17

IMSA:マツダ、セブリング12時間で1-3フィニッシュ。アキュラは2クラスで年間王者に


ル・マン/WEC | IMSA:マツダ、セブリング12時間で1-3フィニッシュ。アキュラは2クラスで年間王者に

 北米スポーツカーシリーズの最高峰シリーズ、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の2020年シーズン最終戦セブリング12時間レースが11月14日、フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイで行われ、マツダモータースポーツの55号車マツダRT24-P(ハリー・ティクネル/ジョナサン・ボマリート/ライアン・ハンター-レイ組)が総合優勝を飾った。
 
 例年であれば1月の開幕戦デイトナ24時間に続く第2戦として3月に開催されているセブリング12時間だが、今季は新型コロナウイルスの影響でスケジュールが大きく変更されたことで、シーズン最終戦として実施されることとなった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング