ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.08.31 12:01
更新日: 2021.08.31 12:21

小林可夢偉、2022年のデイトナ参戦を熱望。トヨタの動向次第で“最後の挑戦”となる可能性


ル・マン/WEC | 小林可夢偉、2022年のデイトナ参戦を熱望。トヨタの動向次第で“最後の挑戦”となる可能性

 2度のデイトナ24時間ウイナーである小林可夢偉は、TOYOTA GAZOO Racingがル・マン・ハイパーカー(LMH)のトヨタGR010ハイブリッドを将来のIMSAに持ち込まない場合、2022年の“ロレックス24・アット・デイトナ”が「最後の挑戦」になる可能性があるため、来年のエントリーを確実なものにしたいと考えている。

 今月21~22日に行われたレースを制し、ル・マン24時間ウイナーとなった可夢偉。彼は近年、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の開幕戦に出場しており、2019年と翌20年にはウェイン・テイラー・レーシングの10号車キャデラックDPi-V.Rをドライブしてデイトナでの連覇を果たした。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン


211028

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング