レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

投稿日: 2022.03.23 06:28

【R35型GT-Rの名レース(4)】ついに激突した2台のプライド。“容赦ない”松田次生が後に語った納得の理由

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


P会員 | 【R35型GT-Rの名レース(4)】ついに激突した2台のプライド。“容赦ない”松田次生が後に語った納得の理由

 2021シーズンを最後に、スーパーGT・GT500クラスでの使命を終えたR35型ニッサンGT-R。2009年のGT500車両規定を一部先取りする形でデビューした2008年からの14シーズンで、数々の伝説を刻んできた。

 ここでは、そんなR35型GT-Rの名レースを連載形式で振り返っていく。第4回となる今回は、R35 GT-Rが無類の強さを誇った2015年シーズンから。タイトルを争うGT-R陣営の2台が、文字どおり“ぶつかり合った”白熱の第7戦オートポリスを取り上げる。

 * * * * *

 35GT-Rが、2014年からの新規定以降、もっともライバルを圧倒したのは2015年だ。この年はランキング1位と2位のGT-Rが、最終戦でタイトルを争う展開となった。

 最終的にモチュール オーテックGT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が2年連続となるチャンピオンとなったが、シーズンをとおしてリードしていたのはカルソニック インパルGT-R(J-P.デ・オリベイラ/安田裕信)だった。モチュールGT-Rは、シーズン前半はいまひとつ歯車が合わず、中盤以降に盛り返すという流れだった。

ここから先はautosport web Premium
会員限定コンテンツとなります
ログインして続きをみる または autosport web Premium会員登録 autosport web Premiumとは


関連のニュース