F1ニュース

2017.12.15

マクラーレンF1ボス、「ホンダとともに勝つという夢」を諦めた瞬間を語る


 マクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエが、ホンダと別れることもやむを得ないと感じた瞬間について明かすと共に、2018年からライバルになるホンダがトロロッソとともに成功を収めることを願うと語った。


関連のニュース