F1 ニュース

投稿日: 2016.04.17 11:01
更新日: 2016.04.17 11:03

中国GP決勝直前情報:ソフト vs スーパーソフト。スタートのタイヤは、どちらが正解なのか


F1 | 中国GP決勝直前情報:ソフト vs スーパーソフト。スタートのタイヤは、どちらが正解なのか

 F1第3戦中国GP、予選後の上海インターナショナル・サーキットのパドックは、驚きと興奮に包まれていた。2年連続チャンピオンのハミルトンが、まさかのQ1脱落となったからである。ハミルトンのQ1落ちは2014年のハンガリーGP以来のことで、理由も同じパワーユニットのトラブル。また、ハミルトンは中国GPで2013年から3シーズン連続ポールポジションを獲得していたが、その記録も途切れることになった。

 MGU-Hにトラブルが見つかったハミルトンのパワーユニットは、すでに車体から切り離され、今季2基目が搭載されている。タイムを出せず予選は通過していないが、フリー走行のタイムによってレースへの参加が認められた。すでにギヤボックスを交換しているハミルトンは、最後尾グリッドからスタートする予定だ。

 積極的にオーバーテイクをしかけるために、思い切ってセットアップを変える作戦を採ることもできるが、その場合はピットレーンからスタートしなければならない。

「ピットレーンからスタートすると、信号を操作する時間にもよるけど、いきなり最後尾から8秒遅れになる。ここは1コーナーがそんなに危険じゃないし、オーバーテイクも可能だから、グリッドからスタートするほうを選んだ」と、ハミルトン。

 ちなみに2014年ハンガリーGPのハミルトンは、ピットレーンからスタートしてセーフティカー導入にも助けられて、3位表彰台を獲得している。しかし「ここは確かに抜けるコースだけど、タイヤはもたないから、ハンガリーのように簡単にはいかないだろう」と、厳しい戦いを覚悟している。


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング