F1 ニュース

投稿日: 2016.04.20 06:51
更新日: 2016.04.20 06:54

“魚雷”クビアトが中国GP「ドライバー・オブ・ザ・デー」を受賞。ピットストップ賞は3戦連続ウイリアムズ


F1 | “魚雷”クビアトが中国GP「ドライバー・オブ・ザ・デー」を受賞。ピットストップ賞は3戦連続ウイリアムズ

 2016年第3戦中国GPの「ドライバー・オブ・ザ・デー」受賞者が発表された。今回は自身キャリア2回目のF1表彰台を獲得したレッドブル・レーシングのダニール・クビアトが選ばれた。

 チームメイトのダニエル・リカルドが2番グリッドを獲得したのに比べると、クビアトは予選では6位という結果にとどまったものの、決勝スタート直後にセバスチャン・ベッテルのインを突いて1周目で3位に上がり、リカルドがパンクで後退した後に2位に浮上、終盤ベッテルに抜かれたものの3位でフィニッシュした。クビアトは2015年ハンガリーGPに続く自身2回目の表彰台を獲得、チームに今季初表彰台をプレゼントした。

 クビアトをよけてチームメイトのキミ・ライコネンと接触したベッテルは、クビアトを「狂人」と呼び、その行動は「魚雷」のようであり「自殺的行為」だったとして非難している。

 ファンの関心を高めるための策として、F1は今年、ファン投票により決定する「ドライバー・オブ・ザー・デー」という賞を設けた。第1戦と第2戦の受賞者はハースのロマン・グロージャンだった。

 またDHL最速ピットストップ賞は、3戦連続でウイリアムズが勝ち取った。対象となったフェリペ・マッサのピットストップタイムは2.10秒だった。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング