F1 ニュース

投稿日: 2020.09.03 14:43
更新日: 2020.09.10 19:31

F1技術解説ベルギー編:王者メルセデスの大がかりなアップグレード。気流最適化目指し新バージボード導入


F1 | F1技術解説ベルギー編:王者メルセデスの大がかりなアップグレード。気流最適化目指し新バージボード導入

 2020年シーズンここまでの7戦で6勝を挙げ、独走体制を築いているメルセデス。しかし開発の手を緩めることはまったくなく、ベルギーGPの初日フリー走行に大がかりな空力アップデートを投入した。まずは、控えめな変更部分から見ていこう。

 イギリス人エンジニアのマイク・エリオットが率いる同チームの空力開発部門は、フロントノーズ付け根のウイングレットを大きく前後に伸ばした(下の写真の黄色矢印参照)。このパーツの役割はノーズ脇を流れる気流を整え、さらに小さな渦流(ボーテックス)を起こして、表面から剥離させないことだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング