F1 ニュース

投稿日: 2020.10.02 07:16
更新日: 2020.10.02 07:18

メルセデスF1代表ウォルフ、契約延長の意向も「将来、役割は変わる」


F1 | メルセデスF1代表ウォルフ、契約延長の意向も「将来、役割は変わる」

 ルイス・ハミルトンはいまだメルセデスとの2021年以降の契約を結んでいない。だが実際のところ、彼がF1に残る場合、メルセデスが唯一現実味のある選択肢だ。チーム代表トト・ウォルフは、ハミルトンとの契約を延長したいという意向を改めて示し、自身とチームの契約更新についても前向きな発言を行った。

 ウォルフとハミルトンは強い信頼で結ばれている。しかしその関係はこれまで常に良好だったわけではなく、長年の間に築き上げてきたものであるとウォルフは言う。彼は今後もハミルトンと共に働いていきたいと考えている。