F1 ニュース

投稿日: 2020.12.07 20:03
更新日: 2020.12.07 20:05

ルクレール「接触について責められるべき人間がいるとしたらそれは僕だ」フェラーリ【F1第16戦決勝】


F1 | ルクレール「接触について責められるべき人間がいるとしたらそれは僕だ」フェラーリ【F1第16戦決勝】

 2020年F1サクヒールGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは1周目のアクシデントでリタイアした。4番グリッドからスタートしたルクレールは、ターン4でマックス・フェルスタッペンのインに入ろうとして、セルジオ・ペレスと接触。ペレスは最後尾までポジションを落とし、接触を避けようとしたフェルスタッペンはコースオフし、ルクレールとともにリタイアした。

 スチュワードはこの件を審議した結果、ルクレールが衝突の原因を作ったと判断、次戦3グリッド降格およびペナルティポイント2を彼に科すことを決定した。