F1 ニュース

投稿日: 2021.04.30 11:14
更新日: 2021.04.30 11:55

【F1技術企画】2021年マシンのカウルの中を覗く(1):アルファタウリとメルセデス


F1 | 【F1技術企画】2021年マシンのカウルの中を覗く(1):アルファタウリとメルセデス

 毎戦F1マシンを詳細に観察するF1i.comの技術担当ニコラス・カルペンティエルが、2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPに各チームが持ち込んできたマシンを接写、画像を使って普段はカウルに隠されたマシン内部の解説を行った(全2回)。第1回はアルファタウリ・ホンダとメルセデスだ。

────────────────────────

 まずはアルファタウリの2021年型マシンAT02のエンジンカウル内部を覗いてみよう。まず目につくのが、ラジエターの位置である。レッドブルRB16Bと同じように、縦長のラジエターを吸気ダクト上部に配置しているのがわかる。一方でインテークマニホールドはメルセデスが大きな円筒形なのに対し、ホンダ製は(これらの写真では視認できないほどに)ずっとコンパクトだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連チーム