F1 ニュース

投稿日: 2021.06.28 07:59
更新日: 2021.06.28 08:10

ホンダF1が連続ポールtoウインで黄金時代以来の記録「偉大な先輩達の背中が見えてきたように思う」と山本MD


F1 | ホンダF1が連続ポールtoウインで黄金時代以来の記録「偉大な先輩達の背中が見えてきたように思う」と山本MD

 2021年F1シュタイアーマルクGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは4位だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはアクシデントでリタイア、角田裕毅は10位という結果で、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車3台が入賞した。

 フェルスタッペンはポールポジションから1周も首位を譲ることなくトップでフィニッシュ、1回ストップ(ミディアムタイヤからハード)で、2戦連続のポール・トゥ・ウインを飾り、今季4勝目を挙げた。ペレスは4番グリッドから2回ストップ(ソフト、ハード、ミディアム)で走り、3位バルテリ・ボッタス(メルセデス)から0.527秒差の4位となった。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング