ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2020.12.01 17:53
更新日: 2020.12.01 17:54

ERC最終戦:“ロシアン・ロケット”2度目の戴冠。ソルベルグはERC1ジュニアを制す


ラリー/WRC | ERC最終戦:“ロシアン・ロケット”2度目の戴冠。ソルベルグはERC1ジュニアを制す

 全6戦予定からの繰り上げで、2020年シーズン最終戦となった11月26~28日のERCヨーロッパ・ラリー選手権第5戦『ラリー・イソラス・カナリアス』は、イベント初参戦のフランス人、エイドリアン・フルモー(フォード・フィエスタR5 Mk2)がシリーズ初優勝。7位に入った2018年ERC王者アレクセイ・ルカヤナク(シトロエンC3 R5)が自身2度目の年間総合王者を獲得し、19歳のオリバー・ソルベルグ(フォルクスワーゲン・ポロGTI R5)が、28歳以下の若手を対象としたERC1ジュニアの最年少チャンピオンに輝いた。

 スペインの大西洋沿岸に浮かぶ火山帯列島を舞台とした『ラリー・イソラス・カナリアス』は、近年のERCでもシリーズ序盤戦の名物イベントとして開催されており、風光明媚な一大観光地でもあるグラン・カナリア島の起伏に富んだワインディングは、アップダウンを繰り返しながらも火山岩の迫るコーナーでの正確性が求められる、難度の高いラリーとして知られている。


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング