ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2021.07.02 07:10
更新日: 2021.07.01 21:17

27年ぶりの日本人WRC表彰台「うれしさよりも、悔しい気持ちのほうが強かった」/勝田貴元インタビュー


ラリー/WRC | 27年ぶりの日本人WRC表彰台「うれしさよりも、悔しい気持ちのほうが強かった」/勝田貴元インタビュー

 19年ぶりにWRC世界ラリー選手権として開催されたサファリ・ラリー・ケニアで、トヨタWRC育成ドライバーの勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)が総合2位に入り、WRCでの自身初の表彰台フィニッシュとなった。

 今季の勝田は開幕から3戦連続で6位に入り、直近2戦ではキャリアベストの4位を獲得。それでも、自分の力を出し切れなかったと勝田は不満そうだった。

 今回はヒュンダイ勢に不運が重なったとはいえ、世界王者のセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)と最後まで優勝を争っての2位表彰台。幸運にもラリー直後に話を聞く時間をもらえて、さすがに満足感もあるだろうと思って聞いてみたのだが、その反応は意外なものだった。


関連のニュース

本日のレースクイーン


西野咲(にしのさき)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング