ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.10.05 20:45
更新日: 2019.10.06 03:27

WEC富士:トヨタ、母国でフロントロウ独占。2番手得た小林可夢偉、4輪脱輪の判定も「大きな問題にならず、内容に満足」


ル・マン/WEC | WEC富士:トヨタ、母国でフロントロウ独占。2番手得た小林可夢偉、4輪脱輪の判定も「大きな問題にならず、内容に満足」

 2019/2020年WEC世界耐久選手権第2戦富士の公式予選が10月5日、富士スピードウェイで行われ、LMP1クラスに参戦するTOYOTA GAZOO Racingはセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組8号車トヨタTS050ハイブリッドが今季初のポールポジションを獲得。僚友7号車トヨタTS050ハイブリッドが2番手につけ、母国レースでグリッド最前列を独占した。
 
 WECの予選は最終戦ル・マン24時間レースを除き、1台につきふたりのドライバーがそれぞれアタックを行い、ふたりのベストタイムの平均値を割り出して決勝のグリッドを決定する方式が採られている。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

DIREZZA GIRLS
宮島マリーナ(みやじままりーな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング