ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.10.07 12:32
更新日: 2019.10.07 12:58

WEC富士:トヨタ、TS050最後の母国戦でワン・ツー。ハートレー「このチームでの初勝利を飾れて最高の気分」


ル・マン/WEC | WEC富士:トヨタ、TS050最後の母国戦でワン・ツー。ハートレー「このチームでの初勝利を飾れて最高の気分」

 10月6日、WEC世界耐久選手権第2戦富士6時間レースが静岡県の富士スピードウェイで行われ、母国レースに臨んだTOYOTA GAZOO Racingはグリッド最上位からスタートした8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組)がポール・トゥ・ウインを飾った。僚友7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)も2位に入り、トヨタは2019/2020年シーズン開幕2連勝をワン・ツー・フィニッシュで達成している。

 2012年の現行シリーズ発足とともにカレンダー入りを果たし、2019年大会で8度目の開催となった富士6時間レース。トヨタにとっては母国凱旋イベントの意味を持つ重要なラウンドだが、今季のWEC富士はこれに加え“ハイパーカー規定”導入前にTS050ハイブリッドで戦う最後の母国レースにもなった。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

マツモトキヨシレースクィーン
成沢紫音(なるさわしおん)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング