ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.05.01 11:50
更新日: 2021.05.01 12:09

トヨタの新型ハイパーカーが初予選で1-2。ポール獲得の小林可夢偉「本当に誇りに思う」/WECスパ


ル・マン/WEC | トヨタの新型ハイパーカーが初予選で1-2。ポール獲得の小林可夢偉「本当に誇りに思う」/WECスパ

 4月30日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットでWEC世界耐久選手権第1戦スパ6時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingは小林可夢偉駆る7号車トヨタGR010ハイブリッドがポールポジションを獲得し、中嶋一貴がアタックを担当した8号車トヨタGR010ハイブリッドが総合2番手に続いた。この結果、2台のトヨタGR010ハイブリッドは、歴史的なハイパーカーのデビューレースをグリッド最前列から並んでスタートすることになった。

 2021年シーズンのWECは予選方式が見直され、2名のドライバーの平均アタックラップタイムを予選タイムとして採用する従来の方式から、各車ひとりのドライバーによる純粋なベストタイムで決勝のグリッド順を決定する方式へと切り替えられた。


本日のレースクイーン

5ZIGEN girls
松原杞紗(まつばらきさ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング